湘南子育て手帖

湘南グルメ/小中学生ママ/在宅ワーク

吉井奈々さん講演会に参加。相手にベクトルを向けるコミュニケーション能力とは

f:id:aaaaya:20180207163210j:plain

ご縁があって、吉井奈々さんという方の講演会を聞いてきました。

 

以前はテレビによく出たりと有名な方のようですね。

 

 

吉井奈々さんって?元○○、異色の経歴のコミュニケーション講師

 

写真で見て分かる通りとてもスタイルが良くて綺麗な方でしたが、なんと、

 

 元男性なのだそうです。

 

それだけでもすごいのに、ご結婚もされています。

 

現在はコミュニケーション講師として、企業や学校で講演活動をされているそうです。

 

行動力がすごい!

 

とくにすごいな、と思ったのは、その行動力。

 

子どもの頃から男性であることに違和感を感じていて、それは隠すことなくオープンにしてきたそうです。

 

でもやはり思春期ごろになると周りから奇異な目で見られたり、自分でも悩むことも当然ありました。

 

そんなとき、たまたまテレビでニューハーフのタレントが出ているのを目にして、これだ!と思ったのだそうです。

 

そしてとった行動は、「一人で電車に乗って新宿2丁目へ行き、ニューハーフバーで働かせて欲しいと押しかける」という…。

 

しかもこれをしたのが、まだ小学6年生のときだったというから驚き!

 

さすがに働くのは無理でしたが、バーのママにいろいろな人を紹介してもらい、人生観も広がったといいます。

 

悩んでいるとき、どうしても自分の目の前のことにいっぱいいっぱいになりがちなんですが、ちょっと環境を変えてみると全然違う世界が広がっていることってあるんですよね。

 

実際に環境を変えることが難しくても、視点を変えたり考え方を変えたりすることは何歳になってもできるはず。

 

こういうところは、すごく見習いたいなあと思いました。

 

相手に矢印を向けるコミュニケーション

 

今回の講演でとても大切だなと思ったことは、コミュニケーションでは「相手にベクトルを向ける」ということです。

 

ニューハーフクラブで働いていたとき、お客様の吸っているタバコの銘柄を覚えておくというだけで、かなり喜ばれたそうです。

 

これは、別にタバコを買っておいたことが嬉しいのではなく、たくさんの客の中で自分の好きなものを覚えていてくれたことが嬉しいんですね。

 

挨拶のときに名前を呼ぼう

 

とはいえ、普通の間柄ではタバコを買ってあげたりすることってないもの。

 

これを実践する方法として、たとえば挨拶するときに、ただ「おはよう」と言うのではなく、「○○さん、おはよう」と声をかける。

 

これが、相手に矢印を向けるコミュニケーションということです。

 

人は、幸せそうな人に魅力を感じる。

 

吉井奈々さんとても明るくしゃべっておられましたが、たくさん苦労や悩んだりもしたと思います。

 

それでも前向きに進んできた秘訣ともいえるのが「幸せ褒めワーク」。

 

とにかく、どんな小さなことでもいいから、幸せなこと、自分への褒め言葉を見つけること。

 

「今日は天気がいいので洗濯を頑張った」

 

「飼っている猫が気持ちよさそうに寝ている」

 

そんな他愛のないことでも大丈夫。

 

誰だって、不幸そうにしている人より幸せそうにしている人のほうが魅力的に見えますよね。

 

他人と比べるとちっぽけに見えても、どんな人でも自分サイズの幸せがあるはず。

 

そんな幸せを意識して幸せそうにしていると、人のつながりも広がってくるよ、というお話でした。

 

書籍でもっと詳しく

 

とにかくここには書ききれないぐらい濃いお話で、普段の生活でもぜひ実践したい!というものでした。

 

今回の内容は書籍でもたっぷり解説されていますので、興味があったらぜひ読んでみてください。

 

 

おそらく人よりたくさん苦労をしたり悩んだりもしただろうに、とても明るくてチャーミングな吉井奈々さんの、すっかりファンになってしまいました。