湘南子育て手帖

湘南グルメ/小中学生ママ/在宅ワーク

「アフリカのサバンナ」オープン。横浜の動物園ズーラシアでサバンナの雰囲気を楽しむ!

f:id:aaaaya:20180606182610j:plain

 

ズーラシアで工事中だった「アフリカのサバンナ」がようやくオープンしたので行ってきました。

 

ズーラシアは広くていい動物園なんですが、草食動物やサル類が多いイメージ。

 

珍しい貴重な動物もいますが、やっぱりアフリカの動物も見たいですよね。

 

ズーラシアについて詳しく見てみる(公式サイト) 

 

 

「アフリカのサバンナ」はズーラシア再奥

 

f:id:aaaaya:20180606183056p:plain

 

今回新しくできたサバンナのエリアは、正門から一番離れた奥に位置します。

 

園内マップで見ると北門に駐車場があってそこが近いのですが、北門駐車場は混雑時のみ解放されるため、通常は正門駐車場の方に誘導されてしまいます。

 

ズーラシア園内バスで移動もできる

 

順番に動物を見ながら移動するのは楽しいですが、小さい子連れで歩くのが大変だったり、すぐにサバンナエリアを見たい人は園内バスで移動するのも手です。

 

正門から入って右に進むと「ゾウさんのりば」という園内バス乗り場があるので、そこから北門のりばまで乗ります。

 

ほとんどの人は正門から順番に移動するため、先にサバンナ方面に移動しておくと少しは混雑を避けられると思います。

 

チーターとシマウマを一緒に展示

 

f:id:aaaaya:20180606183349j:plain

 

「アフリカのサバンナ」では、キリンやシマウマとチーターが一緒の草原で過ごしています。

 

チーターは肉食動物なので、シマウマと一緒にいて大丈夫なのか、びっくりですよね。

 

f:id:aaaaya:20180606183410j:plain

 

でも、チーターはキリンやシマウマなど大型の草食動物は襲わないのだそうです。

 

まだ慣らし中なのか、すべての動物は外に出ていないようでした。これからに期待したいと思います。

 

バードショーが楽しい!

 

f:id:aaaaya:20180606183623j:plain

 

「アフリカのサバンナ」エリアには、バードショーが見られる「バードショー広場」があります。

 

目の前で猛禽類がビュンビュン飛んで、すごい迫力でした!おすすめです。

 

無料で見ることができるので、ぜひ時間をチェックしておいてください。

 

f:id:aaaaya:20180607085636j:plain

  

アフリカ料理が食べられる「サバンナテラス」

 

ズーラシア内にはいくつかのレストランがありますが、「アフリカのサバンナ」エリア近くには「サバンナテラス」というお店があります。

 

f:id:aaaaya:20180607085806j:plain

  

ここでは、アフリカのお料理が食べられます。

世界10大美食に選ばれたという「ムアンバライス」と、東アフリカの代表的料理「ムシカキ(牛串)」をいただきました。

 

f:id:aaaaya:20180607085821j:plain

 

このほかにもスパゲッティなど通常のメニューもあり、お弁当の持ち込みをしてもいいそうです。

 

遊具エリアも充実

 

f:id:aaaaya:20180607090016j:plain

 

広大なズーラシアは、動物だけでなく遊具も充実しています。

 

f:id:aaaaya:20180607090213j:plain
 

親は近くで見てなきゃいけなくてちょっと大変ですが、なかなかほかにはない遊具もあったりして、思いっきり体を動かして遊べます。

 

今回は工事中でしたが、サバンナテラスの近くにも「サバンナのあそび場」という新しい遊具ができるようでした。

 

まとめ

 

f:id:aaaaya:20180607090415j:plain

ズーラシアといえば、のオカピ


まだ一部工事中のところもありましたが、とても広々としていてサバンナの雰囲気を少しだけ味わうことができました。

 

ズーラシアはとにかく広いので、小さいお子さんなどがいると全部見るのはかなり大変です。

 

園内バスを使ったり、絶対に見たい動物は決めておいたりするなど、ぜひ事前に計画を立てていくのがおすすめです。

 

ズーラシアについて詳しく見てみる(公式サイト)